新型コロナウィルス アジア各国の渡航情報(9.14更新)

ベトナム:渡航禁止

ベトナムへの入国
①外国人は投資家、専門家、高技能労働者を除き、入国前のPCR検査証明や入国後14日間の位置情報の保存等の
追加的な防疫措置を条件に、外国人の入国拒否対象地域からの例外的な入国を許可。
②入国者が14日間の自宅等待機期間中のビジネス活動を望む場合には、更なる条件(本邦活動計画書の提出等)の下で、
行動制限を緩和。
③ベトナム、タイ、豪州、ニュージーランド籍の場合入国を許可。

ベトナムからの出国
制限なし

ベトナムから日本への入国
①全ての人にPCR検査が実施され、結果が出るまで自宅・空港内のスペース・検疫所が指定した施設等で待機。
(結果判明まで1日~2日程度)
②検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要。
また保健所等による健康確認の対象となる。
③空港等からの移動も含め公共交通機関の使用不可。
④入国後に待機する滞在先と空港等から移動する手段について検疫所に登録が必要。

インドネシア:渡航禁止

インドネシアへの入国
外国人によるインドネシア入国及びインドネシアでのトランジットを原則禁止する。
例外として、一時滞在許可(KITAS)・定住許可(KITAP)を保持する外国人、外交・公用査証保持者、
医療・食料関係者等は以下の条件にて入国を許可する。
※インドネシア在外公館における新規査証発給業務は、原則、依然取扱が停止されている
①各国の保健当局が発行した英文の健康証明書の所持
※PCR検査の結果が陰性であることを示す記載が必要。
②新型コロナウィルス非感染地域での過去14日間以上の滞在
③インドネシア共和国政府によって実施される14日間の隔離を受ける用意があることの宣言

入国には以下が義務付けられている
①出発国でコロナ検査の陰性証明書の入手
②入国後の簡易検査
③入国後、14日間の自主的隔離

インドネシアからの出国
制限なし

インドネシアから日本への入国
①全ての人にPCR検査が実施され、結果が出るまで自宅・空港内のスペース・検疫所が指定した施設等で待機。
(結果判明まで1日~2日程度)
②検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要。
また保健所等による健康確認の対象となる。
③空港等からの移動も含め公共交通機関の使用不可。
④入国後に待機する滞在先と空港等から移動する手段について検疫所に登録が必要。

ミャンマー:渡航禁止

ミャンマーへの入国
①外国人は陸路による入国不可
②国際旅客航空便のミャンマー国内空港への着陸禁止
③全ての外国人入国者に対してミャンマーに向かう航空機の搭乗から72時間以内に発行された
新型コロナウイルス陰性証明書の提示を義務づけ
④外交団、国連機関職員及び航空機・船舶乗務員を除き全てのタイプの入国ビザの発給を停止

ミャンマーからの出国
制限なし

ミャンマーから日本への入国
①全ての人にPCR検査が実施され、結果が出るまで自宅・空港内のスペース・検疫所が指定した施設等で待機。
(結果判明まで1日~2日程度)
②検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要。
また保健所等による健康確認の対象となる。
③空港等からの移動も含め公共交通機関の使用不可。
④入国後に待機する滞在先と空港等から移動する手段について検疫所に登録が必要。

タイ:一部渡航可

タイへの入国
①感染のリスクがある場所および人が集まる場所を14日間以上避ける
②以下の書類を用意する
・入国可能であることを示す証明書
・渡航者が渡航にふさわしい健康状態であることを示す医師による証明書
・(任意)渡航の72 時間以内にRT-PCR検査を行った上で発行された、渡航者が新型コロナウイルスに
感染していないことを示す医師による証明書
③渡航前、出発国の出入国審査場において渡航者の呼吸器症状の検査および検温を行う。

タイからの出国
制限なし

タイから日本への入国
①全ての人にPCR検査が実施され、結果が出るまで自宅・空港内のスペース・検疫所が指定した施設等で待機。
(結果判明まで1日~2日程度)
②検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要。
また保健所等による健康確認の対象となる。
③空港等からの移動も含め公共交通機関の使用不可。
④入国後に待機する滞在先と空港等から移動する手段について検疫所に登録が必要。

インド:一部渡航可

インドへの入国
①商用及び就労目的の外国人は新たなビザを取得して入国が可能(今までのビザは無効になる可能性)
②入国後最初の7日間は政府指定施設で隔離措置、その後更に7日間の自主停留措置が義務付けられる

インドからの出国
制限なし

インドから日本への入国
①全ての人にPCR検査が実施され、結果が出るまで自宅・空港内のスペース・検疫所が指定した施設等で待機。
(結果判明まで1日~2日程度)
②検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要。
また保健所等による健康確認の対象となる。
③空港等からの移動も含め公共交通機関の使用不可。
④入国後に待機する滞在先と空港等から移動する手段について検疫所に登録が必要。

エリア選択

  1. バッグウォーターを巡る憧れのハウスボートにも宿泊!ゆる~り南イ…

    2020.03.03

  2. ジェットスター航空直行便でいく★フリープラン★ケアンズ 5日間

    2020.01.28

  3. 四川省 世界遺産 峨眉山と楽山大仏5日間

    2020.01.24

  4. 山東省 世界遺産 泰山・曲阜と港町青島 6日間

    2020.01.24

  5. 西安聖地巡礼 キングダムゆかりの地 5日間

    2020.01.17

  1. 山東省 世界遺産 泰山・曲阜と港町青島 6日間

    2020.01.24

  2. 青蔵鉄道の旅 6日間

    2019.11.13

  3. ハプスブルクの栄華と美しき大自然 <br>オーストリア周遊 

    2019.10.17

  4. 長白山ハイキングと明東村「尹東柱 」生家を 訪ねる旅5 日間

    2019.07.12

  5. オーストリア・ハンガリー・チェコ ワイナリー巡り 9日間

    2019.05.22